入学案内・授業料

〜Phonics(フォニックス)とは〜

Phonics(フォニックス)って何?

Phonicsとは一言で言うと英語の “つづり” と “音” の関係をルール化したものであり、英語圏で育つ子ども達が英語をどのように発音したり読んだりするのかを学ぶために広く使われている教授方法です。アルファベットには文字の名前を読む “the name of letter” (ネーム・オブ・レター)とアルファベットのを読む “the sounds of letter” (サウンド・オブ・レター)があります。例えばA(エー)B(ビー)C(シー)と読まれるのが “the name of letter” でありA(ア) B(ブッ) C(クッ)と読まれるのが “the sounds of letter” となります。英語のつづり字の持つ音の規則を順序だてて指導していくのがフォニックスです。

Phonics(フォニックス)を学ぶ利点って何?

フォニックスルールを学ぶと発音が綺麗になります。
フォニックスを学ぶ時にまず徹底的に教えるのが “子音” と “母音” の正しい音の出し方です。特に “母音” では1つの文字が複数の音を持つことがあるため、この点にも注意しながらしっかりと正しい音を身につけます。そしてフォニックスが持つルールを1つづつ学び、英語の正しい音の出し方を学習します。
フォニックスルールを学ぶと正しく文字を読み、発音することが出来るようになります。
フォニックスルールを知ることで、見たことのない英単語に遭遇してもスペルを見るだけで、大体の発音を予測し、読む事ができるようになります。発音記号を知らなくても正しく英語を言えるようになります。フォニックスルールを学ぶと、中学校の英語の約70%を初見で正しく読む事ができる、と言われています。
フォニックスルールを学ぶと耳で聞いた単語をスペルアウト(書く)することが出来るようになります。
フォニックスルールで文字と音の関係を学ぶことによって、耳で聞いた音(単語)をスペル(書く)する事が出来るようになります。知らない英単語でも聞き取り、書く事ができれば、後で意味を調べるのも楽になりますね。

Phonics(フォニックス)を学ぶことで、話す、聞く、読む、書く、の4つの英語力を伸ばすための土台を作りあげる事ができます。英語を習得する上でPhonics(フォニックス)を学ぶ事は不可欠といえます。